読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビがない家で子育てしています

テレビなし生活数年の我が家に、待望の男子が舞い降りました。日記代わりに日々を綴ります。

おしりふきについて

育児グッズ 布おむつ

おむつ換えのときに、

子どものおしりを拭くおしりふき。

これって何気なく使ってるけど、

成分的に身体に悪くないのかな?

と、唐突に気になった私は

 

 

 

自分で使ってみる事にしました。

 

 

 

その結果。。

 

 

 

その日は問題ありませんでしたが

2、3日使ったら、尻が切れました

(実話。普段滅多にない事です)

 

 

 この話を妻にすると

「何を馬鹿なこと言ってんだコイツ」

「便利なグッズに文句つけるのか」

的な失笑を浴びましたが。。

 

 

 

 

数日後、

「試したら私も同じ結果だった」と

こっそり教えてくれました(実話)

 

 

 

2人でこんな結果だと「99%水」なんて

安心安全ぽく謳っときながら

残り1%に致命的な毒が含まれている

案外危険なヤツなのかもしれません。

成分を調べてみると、おおむね

保湿剤、界面活性剤、防腐剤、殺菌剤。

身体にいいかと言うと、うーーん。。

まあ良くはないでしょうね。

殺菌剤で肌の常在菌を殺したり

肛門周辺を守っている粘液を

界面活性剤でバッチリ落としたりすれば

そりゃ切れもするでしょう。

 

そこでふと思ったのは

「実は子どもの肌は強いんじゃないか」

という事です。

成長過程にいる幼児は、大人と比べて

肌の傷もすぐ治ります。

表皮がどんどん入れ替わるために

おしりふきも

「一見、影響がない」

ように見えているだけかも知れません。

 

少なくとも体質は似ているだろうし、

今の所尻は切れていなくとも

気づかないうちに、子どもの身体に

毎日薄く毒を塗布しているかも。。

と考えた我が家では、

「おしりふきは外出先のみ使用し、

自宅では水&柔らかい布切れでおしりを拭く」

という運用となりました。

 

生まれたての頃は、

重曹&脱脂綿でおしりふきを自作していましたが、

アロマオイルも併用すると

防腐効果も付加できるようなので

いずれ試してみたいと思います。

 

おわり。

 

 

FC 脱脂綿 500g

FC 脱脂綿 500g