読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビがない家で子育てしています

テレビなし生活数年の我が家に、待望の男子が舞い降りました。日記代わりに日々を綴ります。

名前の由来について

名前について

唐突ですが、

皆さんは自分の子に名前を付ける際
どうやって考えましたか?
色んな名前のつけ方があると思います。
画数だったり、占いだったり
地元の神社やお寺で
つけてもらうなんて例もあったり
最近はキラキラネームなんて
ずいぶん個性的な名付けをする方も
多いようですね。
 
で、ウチはどうしたかというと
 
ある日、名前が降ってきたのです。
 
妊娠がわかってしばらくしたある日の事。
私が休日で自宅にいた時に
名前を決めなきゃいけないんだよな、
とぼんやり考えていたら、
ふと「○○○」って名前はどうかな?と思いつき
良さそうなので忘れないうちに
その場で妻に声をかけたところ
 
「あ、その名前と全く同じのを
ついさっき考えてた!」
と言われました。
珍しい偶然もあるものです。。
ちなみに、ウチの夫妻はちょいちょい
考えや行動のタイミングが
ぴたっと揃うことがあって、
そういう時はたいてい良い結果になります。
とはいえ、まだ性別も不明状態ですので
即確定ではなく第一候補扱いでしたが
妊娠中ずっと◯◯◯で呼びかけて
すっかり定着してしまったのと
男女どちらにも使える名前だったので
結果それに決まったのでした。
ちなみに漢字はあえて使わず、
男子ですがひらがな表記にしました。
漢字の場合、画数調整していくと
どうも落ち着きがないというか
オラついた字面になってしまうのと、
読みの音を重視したからです。
次は女の子の名前も考えてみたいですね(^^)
 
f:id:Light_Lagoon:20160824235727j:image

 

安斎流 赤ちゃんの名づけ (開運ブックス)

安斎流 赤ちゃんの名づけ (開運ブックス)