読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビがない家で子育てしています

テレビなし生活数年の我が家に、待望の男子が舞い降りました。日記代わりに日々を綴ります。

だっこひもについて

今は色々種類があって、

みなさん悩ましいようですね。

ウチの変遷を書いていきます。

 

はじめは、出産前の準備時に

妻が「だっこひもが必要」と言い出し、

どれが良いかもわからないまま手探りで

色々探してみた結果

「ボバラップ」ってのはどうだろう?

という話になり、早速購入しました。

伸縮する布一枚でできていて、

身体に子どもを巻きつけて固定する

シンプルなものです。

 

BOBA Wrap Navy Blue

BOBA Wrap Navy Blue

 


しかし。

実際子どもが出来て、試してみたところ

ちょっとウチには合いませんでした。。

ウチの子どもは12月生まれでしたが、

使える頃にはすっかり気候も暖かくなり、

暑がりの妻には、子どもと密着する

ボバラップのスタイルでは

汗だくになってしまうようでした。

(寒がりの方や、涼しい地方ならちょうど合うのかも知れません)


そして、

だっこひもなしではもうだっこは無理!

と妻が根を上げはじめたころ、

近くのショッピングモールにある

アカチ◯ン◯ンポにて、

片っぱしから試着に試着を重ね、

吟味した結果。。

ベビービョルンの「オリジナル」

に落ち着いたのでした。

エルゴなど、他のだっこひもを着けた時より

子どもがしっくり馴染んで

落ち着いていたのも決め手でしたね。

たまたまセールで激安になっていたのも

実にラッキーでした。

 

そして、実際に使ってみたところ、

ベビービョルンオリジナルの

「前向きだっこ」スタイルを

ウチの子どもが大変好む事に気付いたのです。

対面だっこスタイルだと、

すぐ自分の背後を振り向きたがるので、

前向きにしてあげると、

自由な手足をバタつかせながら

喜んで周囲を眺めています。

自分も一緒に歩いているつもりに

なってるのかも知れませんね。

 

そして、後で知ったのですが

ビョルンオリジナルの形状は

日本人幼児の骨盤にちょうどよいと

一部で言われているらしく

ウチの子には当たりだったのかな?

と思っています。

 

そして、成長にともなって

活躍してくれたビョルンオリジナルも

窮屈そうになってきたので

そろそろ買い替え検討ですね。。