読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビがない家で子育てしています

テレビなし生活数年の我が家に、待望の男子が舞い降りました。日記代わりに日々を綴ります。

「ヤバい経済学」が面白かった話

気になっていた本「ヤバい経済学」読了。

「インチキ・犯罪・不正」にスポットをあて、
経済学の手法を駆使して社会の裏側を覗く。
10年ほど前にベストセラーになった本ですね。
 
扱っている内容が、
・相撲の八百長について
・ヤクの売人の稼ぎはどのくらいか
・中絶と犯罪減少の関係性
など、なかなかブラックな内容で
たいへん興味深く読めました。
(私はブラックな読み物もかなり好物です)
 
その中で、気になったのが
「子育て」についての章です。
子どもの学校での成績に
相関の見られる項目、見られない項目が
複数挙げられていましたが
その中に、相関の見られない項目として
「テレビをよく見る」
「家族関係が保たれている」
「親はその子をよく美術館に連れて行く」
「ほとんど毎日親が本を読んでくれる」
という項目がありました。
 
。。あら、成績に関係ないの?
そりゃ残念(´・_・`)
と思いましたが、ちょっと待てよ。
データでは成績に関係は見られないけど
「成績が良い」=「子どもが幸福」
とは、この本はひとことも言ってない。
それとこれとは、別個の話って事です。
仮に学校で出来が悪くても、
社会で成功したり幸せな人生を歩む人もいるし
その逆もまたよく聞く話。
本人がどれくらい幸福かという点は
データでは測れない部分だと思うので
私は極力、幸福度を追求していきたい。
自分自身も、子どもとの関係についても。

あ、別に本を批判している訳ではなく
私個人の考えですからね。
本自体は、刺激的なネタを検証する事で
世の中の常識や通念といったものが案外あてにならない、
という事に気付かせてくれる
良書だと思います。
図書館に入ってる可能性も高いと思うので、
(私は図書館レンタルでした)
未読の方は是非どうぞ(^^) 

 

ヤバい経済学 [増補改訂版]

ヤバい経済学 [増補改訂版]