読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビがない家で子育てしています

テレビなし生活数年の我が家に、待望の男子が舞い降りました。日記代わりに日々を綴ります。

自宅からテレビがなくなった経緯を振り返ってみる、その1

そもそも、結婚当初は(もう10年前か。。)

夫妻ともにテレビはよく見ていました。

特に妻はテレビっ子で、テレビが常時ついていないとダメなタイプでした。

私はテレビゲーム好きだったので、やはりテレビは必需品でした。

 

しかし、私は高校時代にテレビなしの生活を1年ほど行った経験があり、

元々本好きだったので「テレビがないなら本を読めば良いじゃない」

と思っていました。

 

そして、時は来たのです。2011年、地デジ移行。

持っていたテレビは当然のように見れなくなりました。

その頃から「最近のテレビはどうもつまらない」と感じていた夫婦は

映画や海外ドラマのDVDをレンタルしては見続ける生活に移行。

黒澤明ものや名作映画の数々。

プリズンブレイク、実に面白かったですねぇ。

そこで、はたと気づいたのです。

 

「タダで見れるものに、たいして価値はない」

 

という事実に。

そして、気になっていた作品は一通り見尽くしたあとは、

さらなるテレビ離れを起こしていくのでした。。

 

つづく。